剛毛のヤマトナデシコ・・・。

脱毛と脱毛ラボと人気俳優とかけて・・・

剛毛のヤマトナデシコ・・・。

一般的には、日本を含むアジアの人達は毛が薄く、欧米人は体毛が濃い、というイメージがあります。剛毛のヤマトナデシコとは、あまりイメージしにくいものです。しかしながら、フランス人が脱毛に気を使わないことは有名ですし、脱毛器が初めて誕生したのはアメリカですし、やっぱり最終的には個人的な傾向で、脱毛をするかどうかは決まっているようです。
「剛」といえば、今思い出されるのは、やっぱりあの女優さん、そう剛力彩芽さんですね。すらっと長い手足に小さい顔、イマドキを象徴するような抜群のスタイルですし、名前に反して、剛毛でもなく(失礼)スベスベのお肌ですよね。容姿は今や有料でどのようにでもなるものの、やはり一般の人にとってはまだまだ有料で容姿を変える程の美への熱意も意味も薄いもの。それなら容姿はともかく、せめてツルツルのお肌でいたい!と思うのは当然の乙女心と言えます。
話はちょっと反れてしまいましたが、女子にとってムダ毛というのは、永遠のテーマです。人間やその周辺がいかに進化しようとも、ムダ毛は生えつづけ、そして女子はそれを処理し続けて、の繰り返しです。そんなに頑張っているムダ毛なら、よくよく見ると愛着が湧き・・・ませんよね(笑)。


ホーム RSS購読 サイトマップ